ピンクリボン

ピンクリボン

1、日本乳がんピンクリボン運動サポーター企業になる。

弊社は、全ての女性を応援し、
日本乳がんピンクリボン運動に登録することに致しました。
弊社は、企業のブランド力UPの協力、販売の支援等をしていますので、
様々な女性に出会い、またご家族を持った働く男性とも仕事をしていますので、
収益の一部が女性のために使われる事は意義があり、
普段からその備えをすることは、大切であります。
弊社はそのような思いから社会貢献に繋がる社会的存在意義をここに示し、
全ての女性を応援したいと思います。

2、オフィシャルサポーターとして

弊社が主に事業展開している百貨店催事や、
弊社の事業を通じてお客様にピンクリボンを知って頂き効率的に活用して頂く、
商品に付加価値をつけることを目的にサポートしていく事を考えています。
また、弊社の社員は、J.POSHの理念、活動内容を理解し、
社員家族、取引先、イベントでJ.POSHの理念、
活動内容を知ってもらうことが弊社のサポートであり協力であります。
また、啓発活動やJ.POSHとのコラボ商品開発、販売をして、
収益の一部を寄付することなどJ.POSHを周知させていくことを
活動内容としていきたいと思います。

3、大阪のNPO法人J.POSHを実際に訪問

実際に大阪のNPO法人J.POSHを訪問して、
事務局長の成田様にお会いしました。
女性の病気ということで16人に1人がかかってしまうという事で稀な病気ではないのです。
いろいろ話を聞くことで、やはり予防をちゃんとして
女性は勿論、パートナーの男性や周りも気を遣っていかなくてはならないと思いました。
登録させて頂くことで、弊社が女性に対してのサポートの幅が
広げられることが出来ればいいと思います。


4、ピンクリボンについて改めて考える

NPO法人J.POSHを実際に訪問して、
訪問する前と訪問した後の気持ちの変化がありました。
実際に訪問し、事務局長の成田様にお会いし、お話を伺う事で自分が女性だということもありますが、
ピンクリボンをもっとちゃんと考え、認知度を上げていく事が大切だと思いました。
既にピンクリボンの認知度は高いと思いますが、
忙しかったり、女性医師が担当でないことで受診をしないケースを考えると、
非常に危険なことだと思いました。
乳がんは予防受診で防げるという事を知ってもらい、
弊社もピンクリボンの認知度を上げることに努力していきたいと思います。