• 更新日:2015.11.17
もち もち

「全国ご当地もちサミット」とは
〝もちの聖地″こと、岩手県一関市で
今年で第4回を迎える、日本全国からもち料理が一同に会し
その頂点を決める、まさにもちグルメの頂上決定戦のような祭典です!
昔から、もち好きを豪語する私が
これを聞いて行かない訳には行きません!!

もち

    

ということで…
早速、朝イチの新幹線で岩手県一関市に出ぱーつ!!
もちろん、朝食を抜きコンディションは万全です!

東北新幹線 はやて に乗って東京駅から2時間15分の旅!


もち

    

お腹が空いて、何もする気にならないので
おやすみなさい…

パッ!っと目がさめると一関駅に到着してました!
旅の情緒がなくて、すいません。笑


もち

一関市は東北地方の中部岩手県の最南端に位置し
県内第二の面積と第二の人口12万人を擁する市です。

また岩手県南・宮城県北の『中東北の拠点都市』として
経済・文化・教育の中心となっています。

古くから一関市ではもちの文化が根付いており
その文化は近年、世界無形文化財に認定された和食の一部として含まれるほど!
まさに「もちの聖地」と言える場所なのです!!


もち

    

駅からは、タクシーで会場に向かいます!
車内では、ドライバーさんとどんなもち料理が好きかという話題で「もち」切りでした!笑


もち

    

10分ほどで、もちサミット会場ユードームに到着です!
到着するやいなや生憎の雨の中、会場は大盛況!!

もち料理の甘い香りが漂い
人気のお店には早くも長蛇の列が!


もう私の胃袋も限界です!
お目当のもち料理へダッシュ!
どのもち料理も美味しそうで迷ってしまいましたが
私のチョイスは、こんな感じです

もち

もち好きを豪語しておいて、恥ずかしながら
初めて見るもち料理ばかり!?
どれもご当地を代表する、もち料理だけあって
最高に美味しいです… (T ^ T)


もち

    

お腹も一旦落ち着いたところで
会場では、もち料理以外にも福を呼ぶもち撒きやもちの歴史を学べる「もち検定」までもちにまつわるイベントが盛りだくさんです!


もち

    

ちなみに私も、もち検定に挑戦!
これがまたちびっ子達も挑戦していたので気楽な気持ちで臨んだのですが…

ここで問題!
「もちと団子の違いはなんでしょうか?」

これ、わかりますか?!笑


もち

    

会場にはヒントとして
もちの歴史がわかる資料館も併設されていて、参加者の皆さんも真剣そのもの!

私も集中して解答用紙に向き合う事30分…

もち

    

その場で、スタッフの方に採点してもらうのですがテストを先生に採点してもらっている感覚でドキドキです!
採点結果は、こんな感じです。

20問中10問の正解…
まぁーまぁーですかね。笑

最後にきな粉もちと検定証をいただきにんまり!( *´艸`)


もち

    

結局、開催時間いっぱい会場でもちサミットを堪能!

その後、しっかりもち投票も完了です!

さぁー、栄えある
第4回もちサミットのグランプリは以下の通りです!!


もち

●グランプリ:もち天ぞう煮(そばや伝右エ門)【山形県天童市】

●準グランプリ:あげもち(もちべえ)【宮城県 大崎市】

●第3位:黄金ねぎもち(骨寺村荘園交流館「若神子亭」)【岩手県一関市】

私、なんと不覚にもグランプリ、食べ損ねております。(;_;)

満腹感と満足感と、少しの無念を胸に…
来年のもちサミットへの参加を心に決め一関市を後にします!

もち 次回、第5回日本全国ご当地もちサミットをお楽しみに!!
早くも、次回もちサミットが「もち」ど惜しい限りです!笑