Happy Tree

プロダクト
Happy Tree

先日、このHappy Treeの製作を行っている、
有限会社ピエトラ・モッサ代表取締役、佐藤明さんの工房へ行ってきました。

Happy Tree

Happy Treeを皆様ご存知でしょうか!!

どこかの売場でみたことあるー!!という方もいらっしゃるかもしれません。

Happy Tree

さっそく、このHappy Treeに託された夢をご紹介します。

この木はブレスレットなどのアクセサリーをかけるための木です。

現在も、いくつかのブランドさんにご協力いただき、店頭に置かせて頂いています。
そして、Happy Treeからお客様のもとへ旅立つアクセサリーの売上の一部を、
あしなが育英会やPINK RIBBONなどの団体へ寄付します。

結果、ひとりひとりの「小さな助けあい」が社会貢献につながるのです。

この夢の詰まったHappy Treeは、
製作者の佐藤さんの試行錯誤の連続のもとに成り立っているのです。

それでは制作過程を紹介していきます。

Happy Tree

① 幹の切り口を水平に切ります。

おっかなびっくりです。

ギュイイイイン

私「こわいこわい」
佐藤さん「俺の方が怖いよ!」


Happy Tree

② 枝を付ける場所に印をつけていきます。

そのしるしを目安に穴をあけるのですが…
これがまあ大変(;;)

穴をあける角度で枝の向きが変わってしまうのです。
繊細なこの作業は失敗の連続だそうです。

Happy Tree Happy Tree
Happy Tree

③ 枝につけるハートをつくります。

なかなか思うようにカットできません。
いやぁ~難しい


Happy Tree

   

そしてなんとか切り終わったものの…
佐藤さん「それハートじゃないだろ!」
出来上がったのは今の季節にぴったりの桜でした~~
ぱちぱち


Happy Tree

   

この桜に細い棒を付けるのですが、、、ここにも佐藤さんの試行錯誤の連続がありました。
細かい作業を地道に行うのです。


Happy Tree

④ 桜を枝に通して完成です!

こんなに薄い板に穴をあけ、枝を差し込みます。
そして最後に、このHappy Treeが回転するよう幹の底に穴をあけるのですが、垂直にドリルを入れるのがとてつもなく難しいのだそうです。

この作業は、常に失敗と隣り合わせなのです。


しかしながら、これは本当の完成ではありません。今後も改良が必要になります。
例えば、このつるつるの枝にブレスレットをかけると、
店頭に置いているうちにブレスレットがぐちゃぐちゃになってしまいます。
枝になにかしらのぽっちりをつけなくてはなりません。

様々な問題点を解決するべく、見栄えよく、使いやすく、そして効率よく製作できる方法を、
佐藤さんは夜遅くまで工房にこもり試行錯誤し続けてくださっています。

まだまだこのプロジェクトがもたらす輪は小さなものですが、
いずれは多くの場所にこのHappy Treeを増やしていきたいと考えています。

Happy Treeに生るブレスレットを付けて、助けあいの輪をつなげましょう。
これをきっかけに、世の中の現実を学びましょう。
そして、助けあいの心を育み、このHappy Treeを育てていきましょう!

Happy Treeに共感して下さった方、ぜひレイ企画までご連絡ください。
ともに「小さな助けあいの輪」を広げましょう。

最後になりましたが、今回はお忙しい中、工房に連れて行って下さった佐藤さん、

本当にありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

Happy Tree